俺の仕事は資格いるねん!!

トレーナー
スポンサーリンク

持ってる資格

自分はプロフィールに記入している3資格を取得しております。

まず1つがはり師・きゅう師。

言わずと知れた国家資格で、人の身体に鍼を打ったり灸を据えたりして身体の持っている機能を高めます。

局所に打つことも出来ますし、東洋医学的にツボに鍼やお灸をすることで治療をすることも可能です。

こんな感じで鍼打って電気流したりも出来ます。

2つ目は日本スポーツ協会公認のアスレティックトレーナー

スポーツ競技者の健康管理や外傷障害の予防、救急処置、コンディショニングや体力トレーニング、アスレティックリハビリテーションなど仕事内容が多岐にわたります。

資格取得にはカリキュラムを承認する大学・専門学校に通うか日本スポーツ協会の加盟団体からの推薦が必要です。

スポーツトレーナーとして、また企業やプロのチームでトレーナーをしたいなら最低限取っとかないといけない資格の一つです。

そして3つ目がJCCA認定B級講師。

日本コアコンディショニング協会の資格でこの資格がある事でストレッチポールのセミナーを開催することが出来ます。

昨年は新型コロナの影響で開催できませんでしたが、また落ち着いた頃に開催していきたいと思っております。

こういった形で実践式の形態でセミナーを行います。



資格取得のきっかけ

この上記3資格ですが、きっかけも色々あります。

初めに取ったのがJCCA認定B級講師です。

自分が長年武器にしてるストレッチポール。

そのセミナーを開催できるのは自分にとって大きな魅力でした。

自分が開催したセミナーからさらにストレッチポールやコアコンディショニングを広められるなら最高やなと。

そんな事を思い取得しました。

そしてはり師きゅう師。

この資格が無ければ人に鍼を打ったりお灸を据えたりすることが出来ません。

ストレッチや身体を解すような事は出来たとしてもこの資格が無いと鍼灸でのアプローチは不可能です。

鍼や灸で身体の奥までアプローチできるて凄いなと。

だから取得したいと思いました。

最後に、AT。

日本スポーツ協会の公認資格になります。

企業やプロチームからトレーナ募集がある際にATを保有していることが必須条件になっている所がほとんどです。

ようはその資格が無かったら企業やプロチームでトレーナーをすることは非常に厳しくなっています。

また、スポーツの現場ではATを持っている持っていないで信頼度も大きく変わってきます。

この資格の存在自体正直知らなかったんですが、知ってからは絶対に取りたい資格やと。

そう思って専門学校で取得に向けて必死に勉強しました。

その専門学校では学校の先生方にも非常にお世話になりましたし、何よりも癖強すぎる強烈な同期達と切磋琢磨し合いながら向上できた事もあり3年ではり師きゅう師とATの両資格を取ることが出来ました。



俺はその資格がいる

その資格を取得してしばらく経った頃。

ある方と食事に行く機会がありました。

これがまあ酷かったんです。

ちょっと裕福な方でお金のレクチャーをしてくれるとの事だったんですが…

資格なんて無くても稼げる。

その資格に意味はあるのか??

それが全てじゃないやろ??

そんな感じで話されて何かその他色々と自分は知ってるみたいな感じで言われたんですが…

意味大ありじゃ!!

俺の仕事ではいるねん!!

そんな事を思いながら話を聞いていました。

結局のところネットワークビジネスの勧誘だったので行かんかったら良かったと思いながらもまあそれも社会勉強の一つやなと思いながらその時は過ごしていました。



その資格の必要性

正直なところですがやろうと思えば資格が無くてもトレーナーの仕事をやる事は可能なんです。

「自分はスポーツトレーナーです。」

と発信して行けば別に何ら問題ありません。

実際に資格を保有せずにトレーナー系の仕事をしてる人は多くいます。

もちろん資格を持ってるからすごいという話ではありません。

資格を持っているだけで実際には鍼や灸が出来なかったりトレーナーの仕事をしてなかったりする人もいます。

俗にいう資格ホルダーになってるだけの人もいます。

資格を持ってても実力があるかどうかは正直分からんところですし、それがあるからと言って人間性が優れているかと言うとそうとは限りません。

ただ、はり師きゅう師を持ってないと人に鍼灸を使うことは出来ないし、ATを持ってないとスポーツ現場では不利な事に間違いはありません。

もう1つのJCCA認定B級講師も持っていないと自分が武器にしてるストレッチポールのセミナーを開催できないのでこれもまた大事な資格です。

そういった意味でも自分はこの3資格はこれから仕事をする上で「いる資格」なんです。

そしてこれから何か自分の箱を持つとなった時にこういった資格がある事で世間への認知もしやすくなるやろうし、信頼関係も築きやすいのではないかなと思います。



まだまだ成長中

もちろんそれが全てではありません。先ほども挙げましたが持ってるだけでは何の意味もありません。

その資格を使って何をするのか。

そして何が出来るのか。

どういったアプローチが出来るのか。

そう言った事の方が大事ですし、取得したことに満足するのではなくそこからさらにレベルアップする事の方がよっぽど大事。

資格取得したからこそこの考えはいつまでも持ち続けなければいけないなと感じております。

自分もまだまだ成長中。

色々と勉強し、色々と経験する事でさらにレベルアップしていき力になっていける存在になれるよう励んでいきます。

ではこの辺で…

ほな✋

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ王ランキングに参加中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました